結婚式司会の応用編です。

サイトマップ
のMCブルー
ヘッダー画像

結婚式司会ならMCブルーにおまかせください

結婚式司会のテクニック

の基本を学ぶ。

結婚式・披露宴司会は床や天井ばかりを見ているわけにもいきませんし、会場中をキョロキョロしていては
「落ち着きのない司会者だな」と思われてしまいます。
人物を紹介するときは、その人へ視線を送るようにするのが礼儀です。
ただ名前や肩書きを間違ってしまっては元も子もありませんから、
原稿やメモを見て正確に紹介したあと、
その人へ視線を送りながら「お願いします」と一言添えると良いでしょう。

大勢の人の前に出てあがるなというのはムリな話です。あがることは何も恥ずかしいことではないのです。
しかし極度にあがってしまって、声も出ない・視線も上げられないでは披露宴の進行どころではありません。
そうならないようにするためには、まずしっかりとした台本を作り、練習をしておくことです。
何かマイクの代わりになるものを持って、本番と同じように何度も練習しておくのです。
繰り返して練習しておくことが何よりも成功の近道です。

話し上手な人は、得てして聞き上手なものです。これは披露宴司会でも同じこと。
次の進行のことばかり考えていて祝辞の内容がわからないようでは、いい披露宴司会者とは言えません。
祝辞の内容をよく聞き、あまりにも非常識なスピーチの場合にはフォローを入れたり、
内容にあった繋ぎ言葉を入れるくらいの心くばりが欲しいものです。
ただしどんな場合でも付け加えるのはワンコメント。
余計なおしゃべりは禁物です。

の基本を学ぶ。

全ての披露宴・全ての進行内容・演出や持ち込み物に関して全てにお二人やゲストへの思いが込められています。
打合せの段階から、その思いをお伺いし、その場面場面で言葉にのせて伝えてあげる事により、
新郎新婦は勿論の事ゲストも喜んで頂けるでしょう。

聞き手を引き付ける話術は、最初の切り口で決まります。当日の状況や天気を利用するのもひとつの手です。
聞き手を引き付けられるようにひとひねりしてみるといいでしょう。
ただし季節の言葉は、祝辞でも使われることが多いので、内容と重ならないように考慮することが必要です。
そしていくらタイムリーな話題だとしても当日のニュースや事件に触れると列席者の中に関係者が
いないとも限りません。

話し方は変に情感を込めるよりも、自然な方が好感が持たれます。
できるだけサラリとした言い回しを心がけましょう。

偉人の名言や文学作品などの名句には2人の門出に送る言葉としてふさわしいものがあります。
こうした名言・名句を使うのもひとつの方法です。
逆に使ってはならない忌み言葉もあります。当然、司会者が忌み言葉を使うのは禁物で、
日本では昔からめでたい席では縁起の悪い言葉を嫌う風潮があります。
祝辞での失敗なら、まだ大目にみてもらえますが、司会者が忌み言葉を口にするのはいただけません。

忌み言葉を使わないようにと意識し過ぎてかたくなる必要はありませんが、
どんな言葉が忌み言葉なのか知っておきましょう。

サ行の発音は、多くの司会者にとって苦手のようです。
例えば「~させていただきます」等のように「さ」「せ」と二つのサ行が重なると、「せ」がはっきりと
発音できず「~さしていただきます」というように聞こえてしまう事があります。
特に初めての結婚式司会で緊張している場合などは、つい早口になってしまいがちですので気を付けたいものです。
これを防ぐ為には用意した司会の台本の、注意すべき部分にマーク等も付けておきその部分を意識して
ゆっくり読むようにしましょう。

普段何気なく使っている言葉使いでも、やはり結婚披露宴などのあらたまった席には
ふさわしくないものがあります。
「また」「もう一度」は使わない、つい使ってしまうのが「また」や「もう一度」です。
間違いではないのですが、いま一度と言い換えるようにしましょう。
同じように終わりという言葉は使わず、結びという言葉に言い換えるとよいでしょう。

の楽しさを感じてください!
Copyright(c) 2011 | 結婚式司会のMCブルー | All Right Reserved.